/

この記事は会員限定です

医療機器のJMS、在宅透析で独社日本法人と提携

[有料会員限定]

医療機器メーカーのジェイ・エム・エス(JMS)は17日、日本での慢性腎不全患者の在宅人工透析で、ドイツの医療機器メーカー、フレゼニウス・メディカル・ケアの日本法人と業務提携すると発表した。フレゼニウス社が扱う関連製品をJMSが販売する製品ラインアップに加え、日本ではまだ少ない在宅での透析を後押しする。

体にたまった尿毒素を体外に排出するための人工透析には、主に病院に週2~3回通って行う血液透析と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン