/

福島・浪江をアートで活性化、ヘラルボニーが絵画提供

東日本大震災と原発事故からの復興を目指す福島県浪江町をアートで活気づけようと、巨大絵画の展示が始まった。第1弾は町の記憶と未来をテーマにした2作品(それぞれ縦1.8メートル、横2.7メートル)で、町中心部の飲食店の外壁に掲出した。今後、町内各地に設置を広げる方針だ。

一般社団法人「NoMAラボ」(福島県南相馬市)が企画。知的障害者の作品展示や商品化などを手掛けるヘラルボニー(盛岡市)が契約作家2人の絵画を提供した。日吉雅治さんは町の伝統行事「十日市」を描き、青木玲子さんは町が活用に力を入れる水素をテーマにした抽象画を制作した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン