/

伊予鉄道、新車両導入でイベント 転車体験や工場見学

伊予鉄グループ傘下で鉄道事業を手がける伊予鉄道(松山市)は、路面電車の新型車両の追加導入を前に、2月5日にイベントを開く。電車の向きを変える転車作業の体験や車両工場内の見学ができる。会場となる伊予鉄道・古町駅から道後温泉駅までの貸し切り運行もして、鉄道ファンや子供連れの家族層にアピールする。参加費用は1万円で募集人数は30人。

伊予鉄道は2017年から低床でバリアフリーの新型車両の導入を進めてきた。2月8日に運行を始める2車両の導入で10両目となる。今後も新型車両への切り替えを進め、高齢化が進む利用者の安全性を高めていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン