京急のキャンプ場に「バレルサウナ」、国際企業 - 日本経済新聞
/

京急のキャンプ場に「バレルサウナ」、国際企業

横浜駅前の「スカイスパYOKOHAMA」(横浜市)を運営する国際企業(同)は21日、キャンプ場「京急油壺温泉キャンプパーク」(神奈川県三浦市)内に、木の樽(たる)のような「バレルサウナ」を開業する。屋外のスペースに設置し、時間制の貸し切り個室型サウナとして土日祝に営業する。キャンプ客の利用や、キャンプ場への誘客につなげる。

同キャンプ場は2021年9月に閉館した観光施設「京急油壺マリンパーク」の敷地を活用し、京浜急行電鉄グループが22年1月に開業し運営している。

バレルサウナの施設名は「油壺マリンビューサウナ」とし、キャンプ場敷地内の相模湾や富士山が一望できる場所に円形樽型のバレルサウナを1基設置する。水着を着用して最大8人まで利用できる。室内にはまきストーブを設置し、石に水をかけて蒸気を発生させる「ロウリュ」も楽しめる。外気浴ができるスペースや水のシャワーも用意した。

料金は3時間2万5000円で、利用するにはウェブサイトからの予約が必要だ。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません