/

BC茨城の松田選手、ドジャース移籍 野球独立リーグから

プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの「茨城アストロプラネッツ」を運営する茨城県民球団(ひたちなか市)は17日、松田康甫投手(23)が米大リーグのロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだと発表した。持ち前の速球で茨城から世界のフィールドに挑む。

松田投手は石川県の金沢高校から拓殖大学に進み、BCリーグの合同トライアウトを経て2021年シーズンから茨城アストロプラネッツに加入した。手術の経験があり、同シーズンは3試合の登板にとどまったが、開幕戦では従来の最速146キロを上回る155キロの球速を記録した。

県民球団側からアピールを受けたドジャースが将来性を評価し、マイナー契約を決めた。松田選手は色川冬馬GMからオファーを聞いた感想について「最初は電話で何を言っているのかと思った。今も実感がわかない」と発言。「まず160キロを目指しメジャーに上がりたい。一番の目標は世界一の選手になること」と続けた。

茨城アストロプラネッツは19年シーズンからBCリーグに参入。地域で活躍する選手の大舞台への挑戦を後押ししている。21年には2選手がプロ野球2球団からドラフト会議で育成枠の指名を受けた。外国人2選手のプロ野球2球団への移籍も発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン