/

ワクチン配送日程は1日単位で 知事会長、総務相に要望

全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は17日、金子恭之総務相とオンライン協議し、新型コロナウイルスワクチンの配送日を自治体に明示するよう要請した。週単位で日程が示される現状では、感染力が強い変異ウイルス「オミクロン型」に対応した3回目接種が円滑に進められないと指摘。金子氏は「配送の日時まで含めて情報提供するよう厚生労働省に伝える」と応じた。

平井氏は追加接種に必要なワクチンについて「(今週末に接種を予定する自治体にも)いまだに連絡がない。不安感が高まれば、先送りをせざる得なくなる」と訴え、接種の主体となる市区町村へ1日単位の配送日程を提供することが急務との認識を示した。

金子氏は一般の高齢者らを含む接種の前倒しに向け、会場や医師・看護師の確保などについて自治体側の協力を改めて求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン