/

長野市、善光寺ご開帳へ関係者と感染対策など共有

長野市は17日、4月の善光寺のご開帳に向けて関係者と新型コロナウイルス対策などを話し合う会議を初めて開いた。ご開帳の期間中には催事のさらなる盛り上がりにつながるイベントなどが、市や市内の団体で予定されている。感染対策を徹底した上でイベントに多くの観光客を呼び込み「ご開帳や関連事業を大成功に導きたい」(荻原健司市長)考えだ。

「御開帳関連事業・関係団体連絡会議」には善光寺のほか、経済団体やイベントの主催者らが参加した。まず市内の最近の感染状況について情報共有した後、ご開帳などでの市の新型コロナ対策の方針を示した。このほか、イベントの開催にあたって、主催者が長野県に提出する感染防止安全計画の作成の仕方などを説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン