/

老舗旅館の元経営会社が破産開始決定、福島・土湯温泉 

福島市の土湯温泉で老舗旅館「向滝」を経営していたMT企画(同市)は福島地裁から破産手続き開始決定を受けた。1日付。帝国データバンク福島支店によると、負債額は約5億6800万円。既に同市の別会社が旅館の建物や土地を買い取り、ホテルとして経営を続けている。

同支店によると、MT企画の前身の向滝旅館は1923年創業。源泉掛け流しの温泉風呂などを売りに福島県内や関東などから集客していた。東日本大震災で建物が壊れ、原発事故の風評などで業績が低迷。新型コロナウイルス禍が追い打ちをかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン