/

島根大、新型コロナの新ワクチン 生体由来で安全性高く

島根大学と旭化成などは18日、新型コロナウイルスの新たなワクチンを開発したと発表した。生体由来の素材を用い、副作用の可能性が低いという。製薬会社の参加も呼びかけ、2025年以降の実用化を目指す。

新ワクチンは生体由来材料のヒアルロン酸ナノゲルと新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の一部を混ぜ合わせて作る。発熱や「アナフィラキシー」など重篤な副作用を誘発する物質を含まず「副作用の可能性が低く、子供にも接種できる可能性がある」(島根大医学部の浦野健教授)。

研究には京都大学や三重大学、長崎大学も参加した。マウスを用いた実験では1年後も効果がみられ、長期間の持続効果も期待できる。粉末乾燥させることで常温で流通できるという。

旭化成は23年中に安全性の高いヒアルロン酸ナノゲルの量産体制を構築。24年から臨床試験に入り、25年以降の実用化を目指す。浦野教授は「新型コロナだけでなく、その後の新たな感染症に対するワクチン製造にも応用できる」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン