/

この記事は会員限定です

岐路に立つ東北の伝統工芸 次代につなぐ試みも次々

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

地域の産業史を鏡のように映す伝統工芸が岐路にある。特色ある工芸が根付く東北も技術を受け継ぐ職人や生産額の減少傾向が続き、環境は厳しい。ただそうした中でも、各地で次代につなぐための試みが広がる。販路開拓に加え、伝統とニーズの変化をどう融合させるかが存続のカギを握っている。

秋田県指定の伝統的工芸「秋田銀線細工」の工房、矢留彫金工房を女性3人が秋田市中心に立ち上げたのは2019年8月だった。県認定工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン