/

この記事は会員限定です

工作機械の切削工具、加工音から寿命推定 赤羽工機など

[有料会員限定]

金属部品加工の赤羽工機(長野県塩尻市)と長野県工業技術総合センターは、工作機械の切削工具の寿命を加工音から把握するシステムを開発した。工作機械に取り付けたマイクで加工音を集め、新しい工具で削り始めた時の音と加工を重ねた時の音の違いから工具の摩耗度を推定する。熟練作業員でなくても工具交換のタイミングを把握しやすくなり、工具の無駄や不良品の発生などを防ぐ。

NC旋盤などの加工室内に防水機能付きマイクを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン