/

この記事は会員限定です

地域電力会社、脱炭素で存在感 小水力発電・クーポンなど

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

2050年までに温暖化ガスの排出量実質ゼロを目指す「脱炭素」政策の推進を受け、首都圏で「地域新電力」と呼ばれる地域電力会社が事業を広げている。水力や太陽光など再生可能エネルギーを主体とした会社が多く、脱炭素に向けた時代の趨勢に合わせて地域電力の存在感が増している。

首都圏にありながら豊かな自然が残る埼玉県秩父市。市内を流れる寺沢川流域では県内初の売電目的の小水力発電所「寺沢川発電所」が21年5月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン