/

この記事は会員限定です

魚肉エキスの有機肥料で攻勢 大成農材、SDGs追い風

going

[有料会員限定]

肥料メーカーの大成農材(広島市)は魚肉のエキスを使った固形の有機肥料を製造する。化学肥料に比べて市場規模は小さいが、農林水産省が5月に有機農業面積の大幅拡大を盛り込んだロードマップを策定したことを受けて問い合わせが増えている。同社は自社肥料のみを使った農場も運営しており、有機肥料のPRを強化する考えだ。

主力商品「バイオノ有機s」は1991年の発売で、2020年度には約3500トンを生産した。カツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン