/

長野県飯山市、DX計画策定 教育・観光でデジタル活用

長野県飯山市は2022~27年度を対象としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進計画を策定した。市民を対象にマイナンバーカードの普及促進や、キャッシュレス決済の推進などに取り組む。市役所業務のデジタル化も進め、業務システムの改修やテレワークも実施する。

紙を用いていた事務処理のデジタル化や、庁舎内のネットワーク環境の整備も進める。企業や大学などと連携して、職員向けの研修も充実させる予定だ。

DXを進めることで、市が新たに提供できるようになるサービスの構想も計画に盛り込んだ。タブレット端末などを利用して子供の学習過程のデータを蓄積したり、人工知能(AI)が観光客の年代や滞在時間などの情報を基に旅行プランを提案したりすることを検討する。高齢者の生活支援や公共交通の利便性向上、災害予測にも取り組む方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません