/

しののめ信用金庫、M&AコンサルのTSUNAGUと連携

しののめ信用金庫(群馬県富岡市)は、事業承継や経営支援を手掛けるTSUNAGU(ツナグ、宇都宮市)とM&A(合併・買収)の仲介業務に関する協定書を締結した。M&A業務で連携し、情報交換や相互に取引先を紹介しあうなどする。

事業承継にかかわるサポートを強化し、地域中小企業の事業継続のニーズに対応する。

同金庫によれば、ツナグが群馬県内の信用金庫と協定を結ぶのは初めて。同社は中小企業のM&A支援に強みがある。しののめ信金は顧客同士の引き合わせや交渉支援での連携にとどまらず、企業評価や実務手続き上の助言を得られるなど、金融機関にはないノウハウを享受できるメリットがある。

同金庫は地域の事業承継ニーズの高まりを受け、法人営業部内に専任部隊を設けて事業承継についてサポートしているという。担当者は「ツナグの顧客の規模感は信金の顧客と合っている。事業を親族や従業員などの関係者に引き継げないケースもある中で、M&Aで第三者に引き継ぐ選択肢もさらに増やさないといけない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン