/

ドローンの離島物流、定期航路開通式 香川のかもめや

ドローンを使った物流事業に取り組むスタートアップ、かもめや(高松市)は17日、離島に商品を空輸する定期便の就航に伴う開通式を開催した。降雨により最初の運航は延期となったが、今後は注文を受けたコンビニエンスストアの食品を須田港(香川県三豊市)から粟島(同市)に運ぶ。離島の生活インフラを維持し、利便性を高める。

コンビニの菓子やカップ麺など約40点から注文できる。島民は自宅に届く注文票や電話から申し込むことができ、午前中に注文すれば当日の午後に受け取ることが可能。料金は商品代金に加えて手数料が500円。今後は一度に運べる重量を増やすなどして収益化を図っていく。かもめやの小野正人社長は「島でも街と変わらない利便性を享受できるようにしたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン