/

高松商議所と香川県保証協会が事業承継支援で覚書

高松商工会議所と香川県信用保証協会は17日、中小企業の事業承継支援で連携・協力するために覚書を締結した。

覚書は事業承継に関する情報共有や事業承継計画の策定支援、事業承継のマッチング支援など6項目。

高松商工会議所には「香川県事業承継・引継ぎ支援センター」があり、金融・経営支援を実施している同協会のノウハウとあわせて中小企業の地域活性化に役立てる。

同協会は新型コロナウイルス感染症の影響で支援する取引先が増えており、その中で事業承継に困っている企業が多いという。経営者が60歳以上で、かつ後継者がいない企業や未定という企業約2千社を対象に事業承継のアンケート調査を実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン