/

全国知事会、インバウンド受け入れ早期再開を要望

全国知事会は17日、外国人観光客受け入れの早期再開など観光産業の本格復興を斉藤鉄夫国土交通相に要望した。再開に向けた仕組みづくりを進めるよう提案したほか、政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」の再開も求めた。

知事会の広瀬勝貞国土交通・観光常任委員長(大分県知事)が国交相を訪れて要望した。要望書ではインバウンド(訪日外国人)について「観光関連産業の新型コロナウイルス禍からの復興と持続的な成長において欠かせない要素だ」と指摘している。

感染防止対策としてのマスク着用については、地域住民が安心して訪日客を迎えられるよう、「単独で屋外にいる際の着用を不要とするなど、インバウンドの再開と同時に着用のルールをはっきりさせてほしい」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン