/

この記事は会員限定です

山形県、98%の行政手続きで押印廃止へ

[有料会員限定]

山形県は2021年度末までに、県が見直し対象とした行政手続きの98.6%に当たる4939件で押印を廃止する。このうち4575件は9月末までに廃止手続きを完了する。国の「脱ハンコ」の動きに倣い、電子メールなどを使った手続きのオンライン化を進める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン