/

埼玉・長瀞町、官民で観光・アウトドア拠点整備へ

埼玉県長瀞町は、町内の観光地にある広大な空き地を活用し、民間企業と連携して観光・アウトドアの中核拠点を整備する。最大で3千万円の補助金を用意する。事業者を選定し、今年10月以降に事業を本格化させる。

町によると、秩父鉄道長瀞駅から徒歩15分ほどの場所にある広さ約1万6千平方メートルの空き地を活用する。空き地自体は民有地だが、借り主と長瀞町も含めた3者契約とすることで、補助金を活用できるようにした。

町の観光やアウトドアのシンボルとなり、地域連携やにぎわい創出につながる中核施設の整備を目指す。事業者の応募期間は8月31日まで。9月に書類やプレゼン、ヒアリングなどを通じて審査し、9月中に町が優先交渉事業者を最終決定する。

岩畳や渓流、ライン下りで知られる長瀞町は県内有数の観光地だが、新型コロナウイルスの感染拡大で観光客数が激減した。「ポストコロナ」時代に向け、観光事業の立て直しが急務だ。同町の担当者は「アウトドアを軸にして、観光と経済の活性化につながる事業にしたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン