/

この記事は会員限定です

北信越の地ビール、長野県が醸造所数でトップ

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

北信越5県のクラフトビール(地ビール)の醸造所数は、この10年間で信越を中心に増加してきた。2021年9月末時点で最も多かったのは20カ所の長野県で、15カ所の新潟県が続く。地ビール各社の多くは地域の農産物などを利用するほか、自治体と連携して活性化に取り組むなど地元振興に一役買っている。

最も醸造所数が多かった長野県では、「よなよなエール」などを製造するヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)が「ク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン