/

宮城県の11月補正案、物価高対策など401億円

宮城県は17日、燃料高騰や物価高への対策を中心にした総額401億円の11月補正予算案を発表した。医療機関に光熱費などを補助する費用として12億円を計上。病院にはベッド1床あたり2万5000円、薬局には1店舗あたり10万円を補助する。水産事業者が電力コスト削減の設備を導入する際の助成金として1億6500万円を盛り込んだ。補正後の2022年度予算の一般会計総額は1兆2369億円となる。

全国旅行支援の終了後に宿泊割引を実施する費用や、仙台空港を運営する仙台国際空港(宮城県名取市)の経営支援のための経費も計上した。24日開会の県議会に提出する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

物価高・値上げ

世界的なインフレの波が日本にも押し寄せています。物価上昇はいつまで続き、経済や企業経営、人々の生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。国内外の重要ニュースや最新の解説記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません