/

この記事は会員限定です

山形・米沢の「伝国の杜」 上杉城下町の歴史、奥深く

おでかけスポット

[有料会員限定]

国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候(国家は先祖から子孫へ伝えられるものであり、自分で勝手にしていいものではない)――。

米沢藩9代藩主、上杉鷹山が家督を譲る際に藩主の心得を説いた「伝国の辞」の一節だ。鷹山を中心に、江戸期を通して米沢を治めた上杉家の足跡を深く学べる施設が「伝国の杜(もり)」だ。

上杉謙信の養子となった上杉景勝は、側近の直江兼続とともに関ケ原を西軍として戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン