/

この記事は会員限定です

赤いシェア自転車、仙台を走る 地下鉄と連動

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

東北では、人口規模の大きい市を中心に自転車を使う人が多くなっている。住民が通勤・通学時に利用する交通手段(自転車やバス、鉄道、自家用車など)を分析したところ、「自転車分担率」は青森県弘前市や盛岡市などが上位に入った。シェア自転車の導入も進んでいる。駅から市中心部の近距離の移動や、便数が減少傾向のバス路線に代わる交通手段として普及すれば、街の活性化につながる可能性を秘める。

宮城県庁や仙台市役所の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

データで読む地域再生

「データで読む地域再生」では、政府や自治体、民間の統計を日本経済新聞が独自に分析し、様々な課題の解決に取り組む地域の姿に迫ります。自治体や企業の取り組み事例も交え、人口減少や観光振興、ものづくりなど、様々なテーマを取り上げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません