/

川崎市、ワクチン大規模接種会場を開設

川崎市は中原区の「NEC玉川ルネッサンスシティホール」に高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を開設する。6~7月の8週間で計10万回分の接種をする予定。

市は市内の高齢者約31万人のうち、8割にあたる約25万人が接種を希望すると想定。各区の市民館などでの集団接種、医療機関での個別接種、高齢者施設での巡回接種に大規模接種を加えることで、7月末までに希望者全員の2回接種完了を目指す。

週6日開設する。新たに承認される見通しの米モデルナ社製ワクチンを使用し、予約は5月下旬から受け付ける予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン