/

この記事は会員限定です

万葉集のような本目指し 高松で出版社設立、佐々木さん

MyWay

[有料会員限定]

瀬戸内の文化芸術に関する研究に取り組み、作家として活動する佐々木良(36)が出版社「万葉社」(高松市)を2020年に設立した。日本の古典や歴史、芸術にかかわる本の発行などを手がける会社で、第1弾として自ら監修した書籍「令和万葉集」を3月に発行した。

万葉集の中で令和の引用元となった梅花の歌を一首ごとに筆書きし、原文や意訳、解説を加えた。仮名の成り立ちも解説している。「どういう梅の歌があるのか知って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン