/

この記事は会員限定です

岩手県田野畑村 「泊まれる道の駅」を観光拠点に

震災10年「被災地新風景2021」

[有料会員限定]

東日本大震災後に整備され、東北地方沿岸を縦断する三陸道がそばを走る岩手県田野畑村の「道の駅たのはた」。今春の移転を機に、キャンピングカー専用駐車場を整備するなど「泊まれる道の駅」として新装オープンした。予想を上回る集客ぶりとなっており、村内観光の拠点化へ順調な滑り出しとなっている。

「ネットでキャンプできる場所を探していてここを見つけた。周りには何もないだけに、夜は美しい星空を眺められそう」。8月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災から11年、復興・創生期間がほぼ終了した被災地。インフラ整備や原発、防災、そして地域に生きる人々の現在とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン