/

この記事は会員限定です

仏シャンパンに京都のジン 酒紀行、海外産地にも

[有料会員限定]
各地の蔵や造り手を訪ねる「酒紀行」。今回はパリ支局長が産地に足を運びました。フランス北東部シャンパーニュ地方の醸造家を取材。伝統製法にこだわりつつ、ロゼ・シャンパンで新境地に挑むワイナリーを紹介します。そんなワインの本場フランスから海を渡って栃木県足利市に根付いたブドウがあります。地元で大切に育てられ、足利の風土を反映したワインが生まれました。一方、国際観光都市、京都生まれのクラフトジンは世界で人気を集めています。新型コロナウイルス禍で海外渡航が難しい状況ですが、お酒を味わうことで国境を越えるのもいいのでは。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン