/

この記事は会員限定です

地域の課題に知見提供 広がる大学・自治体間の包括連携

[有料会員限定]

大学と自治体が包括連携協定を結ぶ動きが活発化している。両者が連携し、地域の課題解決などに取り組む。教育・研究成果の社会還元の要請が強まる大学と、地域の実情把握や住民ニーズに沿った政策づくりなどに必要な知見を求める自治体。包括連携協定が広がる背景には、こうした両者の意図の合致があるようだ。

岡山理科大学など岡山市内にある私立7大学は8月、地方創生についての包括連携協定を岡山市と結んだ。地域で活躍す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン