/

この記事は会員限定です

百貨店の藤崎、自社アプリ クレカ連携で40万人囲い込み

[有料会員限定]

百貨店の藤崎(仙台市)は3月、新たな自社スマホアプリを公開する。新型コロナウイルス禍で実店舗から客足が遠のく中、アプリ上で広告や電子商取引(EC)などの機能を集約し顧客との接点を増やす。顧客の嗜好が多様化する中、クレジットカードとの連携で顧客ごとに商品を提案する販売スタイルへ転換を図る。

アプリ開発のヤプリと製作した。2月から社員による内部運用を始めており、3月から顧客に利用してもらう。これまで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン