/

この記事は会員限定です

千葉・市原市で高齢者フレイル予防実証、東大や5社参加

[有料会員限定]

千葉県市原市は高齢住民を被験者とし、加齢に伴って心身が衰えるフレイル(虚弱)の予防・改善策の確立に向けて同市を含む産学官7者が実証事業に乗り出すと16日、発表した。要介護の手前であるフレイルの予兆を早めに把握し、食事や運動などを通じて健康寿命を延ばすためのサービスを連携して探る。

実証は4月に始める。データ活用を通じた社会変革を研究する東京大学大学院の越塚登教授の研究室、人工知能(AI)に強い東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン