/

山梨県知事、まん延防止措置「感染拡大抑制に全力」

山梨県が新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用対象になる見通しとなったことを受けて、長崎幸太郎知事が16日夜、取材に応じ「適用される場合は、重く受け止め、感染拡大スピードの抑制効果の確保に全力をあげる方針だ」と述べた。

今回の適用について長崎知事は「県による適用申請ではなく、政府による独自判断。事前の相談はなかった」としたうえで「現在の感染状況は油断すべきものではない。措置の適用をやめてほしいと言える状況ではない」とした。

山梨県は14日から22日までの間、飲食店などに休業を要請し、県民には不要不急の外出自粛などを要請している。長崎知事は「既にまん延防止措置を上回る強力な要請をしている。法律の枠内で対応を考えざるを得ないが、酒類の提供など全国画一的な規制を山梨県に適用すると科学的根拠に基づく対応にならない可能性もある。法律の枠内で国とできる限り調整していきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン