/

この記事は会員限定です

ワクチン職場接種、神奈川県内で広がる 中華街でも

[有料会員限定]

神奈川県内の企業や団体が新型コロナウイルスワクチンの職場接種に相次ぎ取り組む。同県内では65歳以上への2回目のワクチン接種率が7%程度と1都3県で最も低く、接種券の送付に時間がかかる自治体もある。大企業に加えて中華街や教育機関でも準備が始まっており、県内の接種率向上につながりそうだ。

横浜中華街の店舗などでつくる横浜中華街発展会協同組合(横浜市)は、店舗の従業員や警備員らを対象に職場接種に取り組む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り814文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン