/

この記事は会員限定です

静岡県藤枝市 官民連携でスマートシティー実現へ

[有料会員限定]

静岡県中部に位置し、静岡市にも隣接する人口14万人の藤枝市。良質な茶の産地として知られるが、中規模都市ならではの人口減、税収減に悩む。官民連携でのスマートシティー実現のため、陣頭指揮をとる北村正平市長にまちづくりの現状や課題を聞いた。(日経グローカル435号に掲載)

――再開発を進めているJR藤枝駅前の中心市街地に拠点を置くIT企業が増えつつある。

「藤枝市のような中規模の地方都市では人口減と税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン