/

岩手県、独自緊急事態宣言を解除 Go To食事券再開

岩手県独自の緊急事態宣言の解除を発表する達増拓也知事(16日、岩手県庁)

岩手県は16日、新型コロナウイルスの10万人当たりの新規感染者数が9.6人と、10人を下回る水準まで減少したことから、県内全域を対象とした独自の緊急事態宣言を解除した。これに伴い、Go To イート第2弾食事券の販売を再開するほか、県民向け宿泊割引についても第2弾の実施へ調整を進める。

県は「Go To」第2弾となる「いわての食応援プロジェクト」食事券の販売を、県内のスーパーや道の駅など計110カ所で18日以降に再開する。同宣言により終了した県民向け宿泊割引制度「いわて旅応援プロジェクト」についても、10月1日の第2弾開始を目指して国や関係団体と調整を進めていく。

不要不急の外出自粛要請なども解除する。達増拓也知事は16日、県対策本部の会議で県民の協力に感謝を示しながらも「感染拡大した場合は再び岩手緊急事態宣言を実施し、医療体制の逼迫を防がなければならなくなる」と強調。国の緊急事態宣言区域への不要不急の往来自粛など、改めて感染対策を徹底するよう県民に呼びかけた。

県独自の緊急事態宣言は8月12日に発令。感染が拡大した同26日は盛岡市内の飲食店などへの営業時間の短縮要請を盛り込んだが、その後感染者数が減少傾向となり、時短要請は今月12日に終了した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン