/

この記事は会員限定です

「土砂崩れの声」聞き防災 高知工科大が超低音センサー

四国の売り方第6部 新たな旗手②

[有料会員限定]

豪雨で頻発する土砂崩れや想定されている南海トラフ地震による津波。災害への備えに懸命な高知県で、高知工科大学発のスタートアップ、レソナアレス(千葉県船橋市)は災害時に発生する独特の音をセンサーで感知して防災に役立てようと事業化に挑む。独自開発のセンサーの設置を全国で進めており、音を捉えようと待ち構える。

12月中旬、同社設立時に出資し、高知の香美キャンパス(香美市)で学生とともにセンサーを研究開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン