/

この記事は会員限定です

北陸の地銀、焦点は与信判断 ゼロゼロ融資の返済本格化

[有料会員限定]

北陸に本店を置く地銀の2023年3月期の焦点は、「アフターコロナ」を見据えた与信判断だ。新型コロナウイルス禍の実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)で一息ついていた貸出先が、原燃料の高騰といった逆風を受けて経営が厳しくなる例も想定される。貸出先の課題や成長力を見極め、リスクを的確に織り込んで与信費用を見積もれるかが重要になる。

北陸の5社の23年3月期の連結純利益(北陸銀行は単独)は、3社が増益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン