/

ROKI、高性能マスク開発 車用フィルター技術活用

今後はマスクのラインアップを増やす計画だ

自動車用ろ過器などを手掛けるROKI(浜松市)は、高い飛沫防止の性能を備える不織布マスク「纏(まとい)」を開発し、電子商取引(EC)サイトで発売した。医療用マスクとしての高い基準を満たすという。今年浜松市内に新設したマスク工場で生産し、国産マスクとして販売拡大につなげる。

ROKIが自動車用フィルター生産などで培った技術を転用して開発した。実証実験の結果、国際認証機関である米ASTMインターナショナルが定める医療用マスクとして最高の「レベル3」の性能を確認した。通気性も高いという。月に最大2000万枚生産できる。

価格は7枚入り498円、50枚入り3300円。サイズは3種類を用意した。薬局などの店舗では9月から販売を始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン