/

ほくほくFG、サステナブル融資 達成度で金利変動も

北陸銀行と北海道銀行を傘下に持つほくほくフィナンシャルグループ(FG)は16日、SDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境・社会・企業統治)の取り組みを金融面で支援する「サステナブルファイナンス」の新商品を発表した。SDGsの達成やカーボンニュートラルの実現を後押しする融資で、北陸3県に本店を持つ金融機関では初めてという。

ほくほくFG傘下の北陸銀行

運転資金や設備資金を融資する「サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)」と、環境改善につながる事業やプロジェクトに限定する「グリーンローン(GL)」の2つ。SLLは企業のSDGsやESGへの取り組み目標を設定した上で、達成状況に合わせて融資に適用している金利を変動させる。達成度に応じて、金利の優遇なども受けることが可能だ。

第三者評価も取り入れる。国際資本市場協会(ICMA)などが定める基準を基に、格付け会社などが融資の評価を行う。融資期間や融資額、金利、手数料は北陸銀行や北海道銀行が顧客に合わせ個別に設定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン