/

四国電力、伊方3号機 再稼働を2週間前倒し

四国電力は16日、伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働の時期を2週間前倒しすると発表した。これまで原子炉を10月26日に再起動させて同31日に送電を開始、11月26日に営業運転を始める計画だった。それぞれの日程を2週間早める。

伊方3号機の再稼働を2週間前倒しする

四国電力は「定期検査作業の状況などを踏まえ、全体の工程を精査した結果」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン