/

徳島県、独自コロナ警報を1段階上げ

コロナ警戒レベルを引き上げた徳島県の飯泉知事

徳島県は16日、新型コロナウイルスに対する県独自の警報「とくしまアラート」を1段階上の「感染観察強化」に引き上げた。5段階で下から2番目の水準にあたり、国の指針では「ステージ1」に相当する。直近1週間の県内の新規感染者が19人と増加傾向にあり、新たなクラスター(感染者集団)の発生も確認されたため。

同日に記者会見を開いた飯泉嘉門知事は「クラスターの発生や、10~20代の若い世代の新規感染比率が50%を超えた状況なども踏まえ、県民により強い警戒を呼びかける必要があると判断した」などと述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン