/

村岡知事「山口県も第4波の入り口」

県民に感染予防徹底を呼びかける山口県知事

山口県は16日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、ゴールデンウイークを控え、首都圏など「まん延防止等重点措置」地域との往来を極力控えるよう県民に要請することを決めた。会議後、村岡嗣政知事は「第4波は確実に山口県にも来る。今は入り口に立っている。重要なのは第4波の高さをできるだけ低く抑えること」と述べ、3密の回避など感染予防の徹底を県民に呼びかけた。

県内の新規感染者数は2月11日以来ゼロまたは1桁が続いていたが、4月15日に12人、16日に18人と急増。変異ウイルスの割合も上昇している。村岡知事は「全国的な感染拡大の波は本県にも及んでいる」と指摘。「これからたいへん重要な時期になる」として県民に感染予防の意識を強めるよう求めた。また連休中の帰省者に感染対策を促すため、空港や新幹線の駅などに注意喚起のポスターを掲示する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン