/

長野の八幡屋礒五郎、カレー味のふりかけを新発売

七味唐辛子の老舗、八幡屋礒五郎(長野市)は23日、カレー味のふりかけを発売する。白ゴマをベースにガラム・マサラにも使う唐辛子やクミンなど7種類のスパイスを調合した。スパイスの香りや辛みがご飯のほかチャーハンや唐揚げなどのおいしさを引き立てる製品に仕上げた。

新商品は「カレー七味ごま」で、七味唐辛子にゴマを合わせたふりかけの「七味ごま」シリーズの一品。口に入れるとほどよい辛さが広がり、食欲をかき立てるという。価格は1缶(60グラム)648円。23日からは同社の直営店で取り扱いを始め、30日からは電子商取引(EC)サイトでも発売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン