/

浜松市と浜松いわた信金、ウクライナ避難民支援で協定

浜松市と浜松いわた信用金庫(同市)は16日、ウクライナ避難民への支援推進に関して協定を結んだ。同市が受け入れた避難民が当面生活するための一時金を浜松いわた信金が必要に応じて支給するほか、就労や教育の支援でも連携する。

一時金は500万円までをめどに支給する。これとは別に同信金の職員らから募った約170万円の支援金を市に寄付した。就労を希望する避難民に対しては同信金の取引先企業を紹介するほか、浜松国際交流協会(HICE)とも連携する。

浜松いわた信金の御室健一郎会長は「何か少しでも役立ちたいと考え提案した」と話した。鈴木康友市長は「現在、市内で暮らす避難民は4人だが、戦争が長期化すれば増える可能性がある」とし、同信金からの支援に謝意を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン