/

この記事は会員限定です

来夏開業の宇都宮LRT、車社会転換に期待 課題も多く

課題載せ出発

(更新) [有料会員限定]

宇都宮市は2023年8月のLRT(次世代型路面電車)全線開業と30年代前半の西側延伸計画を公表した。新しい地域交通機関の整備で車社会からの転換や高齢者の免許返納、市街地の活性化といった効果が期待される。ただ、第三セクターの運行会社、宇都宮ライトレールの経営改善など課題は多い。延伸計画も公費負担を抑える柔軟な発想が求められる。

宇都宮LRTでは、車両や軌道など施設を宇都宮市と芳賀町が整備し、運行は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン