/

この記事は会員限定です

指定都市市長会 鈴木新会長、特別自治市の実現に意欲

[有料会員限定]

全国20の政令指定都市でつくる指定都市市長会の鈴木康友会長(浜松市長)は16日、都内で就任後初の記者会見を開き、政令市などが道府県から独立する「特別自治市」の実現に意欲を示した。「中央集権的な自治制度が限界を迎えている。指定都市の発信力、存在感を高めたい」と抱負を述べた。

就任は9月10日付で、任期は2022年3月末まで。今年8月の横浜市長選に落選した林文子前会長の任期を引き継ぐ。

鈴木氏は会見で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン