/

この記事は会員限定です

職人の災害復旧スキル支えたい NGO代表の鈴木さん

TOKYO 次代の案内人

[有料会員限定]

地震や豪雨被害の現場に駆けつける災害ボランティア。近年、この分野で「プロボノ」と呼ばれる復興の技術系スタッフが増えつつある。非政府組織(NGO)「災害エキスパートファーム」(DEF、東京都あきる野市)もその一つ。代表の鈴木暢さん(54)は重機操作など災害からの復旧技術の専門家育成に取り組む。

「まずはロープの結び方を覚えて下さい」。6月上旬の梅雨晴れの日曜日。鈴木さんが住職を務めるあきる野市の陽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン