/

この記事は会員限定です

「スナバ」の力で地域振興 鳥取のSUNABA COMPANY

[有料会員限定]

「スタバはないけど日本一のスナバ(砂丘)はある」。2012年の平井伸治・鳥取県知事のダジャレをきっかけに生まれたコーヒー店「すなば珈琲」が、ブランドとしての知名度を活用して地域振興につながる事業に力を入れようとしている。

運営しているのはSUNABA COMPANY(鳥取市)だ。14年の開店当初は地元で飲食店をしていた村上和良氏の個人経営だったが、県内外に13店舗まで増え事業規模が拡大してきたのを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン