/

天満屋の22年2月期連結、4%増収 ネット通販寄与

天満屋が16日発表した2022年2月期の連結決算は、売上高が前の期比4%増の863億円だった。連結グループ22社の売上高の約7割を占める百貨店事業がネットショッピングの伸びなどで増収。グループ企業のICTや人材派遣事業も好調だった。2月に営業を終えた岡山市の商業施設「ロッツ」の清算に伴う損失が出て経常利益は12%減の17億円だった。

利益は経常段階のみの発表。23年2月期は増収増益を予想する。新型コロナウイルス禍からの社会経済活動の正常化や、今年3月に天満屋の岡山本店をリニューアルした効果を見込んでいる。

スーパーの天満屋ストアグループと不動産管理などの丸田産業グループを含めたグループ全体31社では、売上高が前の期比1%増の1655億円。経常利益が14%増の65億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン