/

この記事は会員限定です

トキエアとATR、48人乗り新型機導入で基本合意発表

[有料会員限定]

新潟空港を拠点に2022年の就航をめざすトキエア(新潟市)と欧州の航空機メーカーATRは16日、48人乗り新型機「ATR42-600S」導入で基本合意したと正式発表した。ATRは「トキエアとともに、周辺都市との交通の利便性を高め、新潟の活性化に貢献したい」とコメントした。

開催中のドバイの航空見本市で発表した。トキエアは新型機を佐渡空港と首都圏、新潟空港(新潟市)を結ぶ路線に使用する。従来機「A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません